スイス発!とろけるショコラ「ブロンデル」

スイス生まれのショコラの専門店「ブロンデル」。日本では唯一銀座で出会うことが出来ます。 定番のショコラメニューから、寒い日に体を芯から温めてくれそうな「ショコラショー」まで幅広いメニューも魅力的♪一度食べたら驚くほど口の中で優しく溶けるのは、「ブロンデル」が創業以来守り続けているレシピに秘密が♡

創業以来変わらない手作り

美味しさの秘密♪

ブロンデルのチョコレートは、驚くほどの口溶けのまろやかさが特徴。その柔らかな美味しさの秘密は、創業以来守り続けられている手作りの製法にあるんだとか。
すべてのショコラは160年前と変わらぬ製法によって、職人が丁寧に手作り。ショコラを生きた素材ととらえ、チョコレートのをその日のコンディションにあわせて調整しながらつくり上げているのだそう。

創業以来変わらないショコラ

ブロンデルの創業者、エドリアン ブロンデルがショコラティエ ブロンデルを開店したのは1850年のこと。
以来、ブロンデルは160年前と同じ場所、同じレシピで、チョコレートを作り続けているんです。
ローザンヌの本店には世界中からブロンデルのチョコレートを求めてたくさんの人が訪れているのだそう。

寒い日に飲みたい!『ショコラショー』。

マルトー

マルトーとは、フランス語で「金槌」という意味。その名が表す通りに、大きな板状のチョコレートをハンマーで割って量り売りするショコラです。
計算された素材が持つ食感、厚さ、味のバランスをかけあわせが、口溶けと風味とテクスチャーの異なる32種類のバリエーションを作り上げているのだそう。

トリュフ アンシエンヌ

よくあるトリュフのように丸い形ではなく、パスタのように長く伸ばしたガナッシュを短く切り分けた形。
これを専用のフォークで刺し一つずつコーティングした伝統トリュフです。

トリュフ

こちらが伝統的な形から丸い形に変化したトリュフ。
定番のトリュフからkyらメルやコーヒーなど豊富なフレーバーも特徴です。

コンフィズリー

砂糖漬けにしたフルーツをチョコレートでコーティングしたもの。
柑橘の爽やかさとチョコレートの甘さが絶妙にマッチする商品です。

プラリネ

ナッツをふんだんに使って仕上げた『プラリネ』。カカオやヘーゼルナッツの粒が香ばしいシリーズです。
柑橘の爽やかさとチョコレートが絶妙にマッチしています♡

カッフェとしての利用も!

銀座『ブロンデア』は、お店の2階スペースが開放感のあるカフェになっています。
もちろん1階で買って気になった食材を食べることもOKです♪

Related Posts

  • 幻の生マシュマロ!?ましゅまろ亭のふあっふあマシュマロ♡

    店頭販売開始から数時間で売り切れてしまうという、幻の生マシュマロを販売しているというましゅまろ亭さんのご紹介です!連日オープンから長蛇の列になるという店頭販売…11:00に開店して、お昼には売り切れもあるそうです…!そんな超絶人気のマシュマロはいったいどんなマシュマロなんでしょうか!そしてましゅまろ亭さんって一体どんなお店なの?

  • 老舗とらやの新感覚カフェ「トラヤカフェ」

    京都で生まれ、5世紀(500年)にわたって営まれ老舗の和菓子屋「とらや」がなんとカフェをつくったそうです!その名も「トラヤカフェ」。とらやの伝統的なあんと洋を掛け合わせた、新しいスイーツが楽しめます。そんなトラヤカフェをご紹介します。

  • ファミマ「俺の」シリーズからチョコモンブランが登場!量も質も大満足♡

    ファミリーマートで有名なスイーツと言えば「俺の」シリーズ。量もさることながら質も高いコンビニスイーツとして、男性から女性にまで幅広い人気があります。そんな「俺の」シリーズに俺のチョコモンブランが登場しました!今回は新しい俺のチョコモンブランの魅力を紹介していきます。