簡単でおいしい!次の朝食はモンティクリストに決まり!

2015年大注目の朝ごはん、モンティクリストを知ってますか?パンケーキやエッグベネディクトなどの朝食ブームの中、今大注目されているのがカナダ発祥のモンティクリストです。簡単なのにすっごくおいしい!モンティクリストの作り方をご紹介します!

すっごく簡単!モンティクリストの作り方

モンティクリストって何?

カナダが発祥の地の、サンドイッチです!でもただのサンドイッチではありません。フレンチトーストの卵に浸したパンのおいしさと、クロックムッシュの味わいがいっしょになったものなんです!外はかりっと焼いて、中はふわふわ!お休みの日の朝食にぴったりの贅沢なメニューです!

まずはサンドイッチをつくって下準備!

絶対に欠かせないのが、バター、マヨネーズ、マスタード、そしてお好みの具材です。具材はハムとチーズさえあればOKです!バター、マヨネーズ、マスタードを食パンに塗ります。そしてチーズ、ハムをはさむだけ!これで下準備は完了です。塗って挟むだけなので、とっても簡単ですよね!

サンドイッチを溶き卵に浸す!

卵と牛乳を混ぜて、バットなどに入れます。そこに先ほどつくったサンドイッチを両面とも卵液に浸します。しっかりと吸わせることで、ふんわりとした食感になりますよ!

いよいよ焼きます!

フライパンにバターをひき、溶き卵を付けたパンの両面を焼いていきます。こんがりとしたおいしい風味を楽しむためには、バターを思いっきり使ってしまいましょう!焦がさないように気を付けましょうね。片面は2~3分程度焼いていくとこんがりとした焼き色がついておいしくなります!

これだけで出来上がり!

焼きあがったらお好みでパンを半分に切って盛りつけましょう。挟み込んだチーズがとろけていて本当においしそうです!盛り付けるときには、縦に積み重ねてみると、ボリュームがあって、なんだか海外の朝食のような雰囲気が味わえますよ!

トッピングをしてもおいしい!

モンティクリストはすっごく簡単なので料理に自信のない人でも作ることができますね!トッピングで粉糖やハチミツを組み合わせればバリエーションも広がるってとても楽しいですよ!

モンティクリストのおすすめアレンジ!

チーズにゴルゴンゾーラチーズを使って!!

モンティクリストに使用するチーズをゴルゴンゾーラチーズにしてみると大人なおいしさになります。ゴルゴンゾーラチーズとハチミツの相性は抜群です!焼き上がりにハチミツをたっぷりかけると最高です!

メイプルシロップもおいしい!

ハチミツの代わりにメイプルシロップをかけるのも、もちろんおいしいですよ!ハムの塩味とメイプルシロップの甘味がとってもよく合います。カナダ発祥のモンティクリストにカナダ名物のメイプルシロップ!合わないわけがないですね!

ハムの代わりにパンチェッタ!!

ハムの代わりにパンチェッタを入れると肉感が増し違った味わいになります。パンチェッタ自体に塩味が強いのでいいアクセントになります。

Related Posts

  • ここは日本!?湘南の絶景イタリアン「アマルフィイ・デラセーラ」

    日本とは思えない程の雰囲気と絶景が楽しめる、イタリアン「アマルフィイ・デラセーラ」をご存知ですか?湘南の丘の上に建つこのお店、テラス席からの景色が最高なんです!もちろんお食事も絶品!「アマルフィイ・デラセーラ」の魅力をお伝えします!

  • 日本上陸直前!スタバの紅茶専門店ティーバナ(TEAVANA)とは

    スターバックスと聞くと思い浮かべるのはもちろんコーヒーですよね?しかしなんと!そのスターバックスが紅茶専門店のティーバナ(TEAVANA)というお店をニューヨークでオープンさせたのはご存知でしょうか?そして、スターバックスCEOのハワード・ハワードシュルツ氏によると、日本でも出店をする方針だというのです!日本に上陸する前に、ティーバナ(TEAVANA)について予習しておきましょう♡

  • 新宿西口のイタリアン!「自然」をテーマにしたお店、ビオディナミを紹介

    新宿西口でイタリアンが食べたい!そんな時にオススメなのがビオディナミです。「自然」をテーマにしたお店作りを、という思いは、店内の雰囲気や料理に現れています。手頃な価格で美味しいオーガニック料理が食べれるビオディナミを紹介します。