ポンパドールのやり方!基本を押さえてヘアアレンジを楽しもう♡

華やかにもカジュアルにも幅広く使えるポンパドールアレンジ!やり方さえ覚えればヘアアレンジの幅が一気に広がりますよ!ということで、基本的なポンパドールのやり方と、ポンパドールを使ったヘアアレンジをご紹介します!やり方は簡単なのですぐに覚えられるはずです♡

基本のポンパドールのやり方

下準備

ポンパドールの練習をするときは、後ろ髪は束ねておくとやりやすいですよ!もちろん、なりたいヘアアレンジによって、後ろ髪をどうするかは変わってきますが、ポンパドールのやり方の練習をするだけなら束ねておくといいです。

前髪を2段に分けて逆毛を立てる

ポンパドールの特徴は、あのかわいらしいふくらみ♡そのふくらみをきれいにつくるために、写真のように前髪を上下2段に分けてアレンジをしていきます。まずは内側に入ってくる髪の逆毛を立てます。ふくらみをしっかりと出すために、根本に近いところを中心に逆毛を立てていきましょう!

内側に丸めてピン止め

逆毛をつぶさないように、ふんわりと内側に向かって、髪をくるくると巻き込んでいきます。最後に写真の親指がきている位置でピン止めをします。ピン止めするときは、できるだけ生え際に近い位置でピンをさしましょう。上からピン止めをしてしまうと、せっかくボリュームを出した髪がつぶれてしまいます!

残った髪も逆毛を立てる

表面にかぶせることになる残った髪にも内側に逆毛を立てます。この髪は表面にでてくる髪なので、あまり逆毛を立てすぎると、表面がざらざらとしてしまうため、注意が必要です!逆毛を立てるときは、内側をかるくなでる程度にしておきましょう。

表面にかぶせる

1個目のポンパドールの上から髪をかぶせていきます。このときにクシでポンパドールの表面になるところをといておくと、きれいな面ができるので忘れずに!ピン止めをするときには、そのまま止めるのはやりにくいので、写真のように少し髪の先を1回ほどねじっておくと、ピン止めしやすいです。

ピン止めをする

最後に上からかぶせる髪もピンでとめてポンパドールの完成になります!写真の人差し指がある位置でピン止めするときれいにまとまります。ピン止めする位置でもポンパドールのボリュームが変わってきます。少し前の方に押し出してあげるとボリュームがでるので、大き目のポンパドールを作るときには押し出してからピン止めしましょう。

Related Posts

  • ロングヘアは巻き髪で変わる!なりたい自分をつくる巻き髪アレンジ

    ロングは色々なアレンジが楽しめる素敵なレングス!そんなロングヘアさんにぜひやってもらいたいのが巻き髪!巻き髪とひとことで言っても、どんな巻き方をするのかでイメージが変わってきます!ぜひロングヘアの巻き髪を楽しんでみてください♡

  • ショートまとめ髪〜仕事もプライベートも幅広く使える〜

    ショートヘアのまとめ髪をご紹介!ショートヘアのまとめ髪って難しいと思いがち。実際、ワックスつけて終了〜!って人も多いと思います。ちょっと時間でドライヤーとヘアピンがあれば、かわいいショートのまとめ髪ができあがり。是非試してください。

  • セミロングの女性が参考にしたいまとめ髪特集

    セミロングの女性でまとめ髪を頻繁にしている女性、多いですよね。そんなセミロングの人たちのアレンジがマンネリ化しないように、参考になまとめ髪型アレンジを集めてみました!いつものまとめ髪にすこしだけ手を加えると、一気に華やかになります♡